チ・ネイザン(氣・内臓療法)

 

チ・ネイザン(氣・内臓療法)とは お腹へのタッチを中心としたホリスティックなセラピーです。

元来内臓と感情には密接な関係があります。

チ・ネイザンでは内臓の一つ一つに直接働きかけるとともに、自力でだせなかった老廃物や古いエネルギーを開放し、感情のバランスを整え、全体の生命力を高めることを目指しています。

お腹をさわる前後には、ハーブボールでお腹を十分に温め、足や腕や背中もほぐして、よりお腹へにアプローチをしやすくします。

 

 

料金はこちらか

 

なお、チネイザンは1回だけ受けるよりも、続けて受けられることをお薦め致します。

初回はまだお腹が緩まずに終わってしまう方、個人差はありますが、痛いだけで終わってしまう方もいらっしゃいます。

続けて受けられることで、お腹は緩みやすく、より深いところへアプローチできます。